水虫の原因

水虫は、カビ(真菌)の一種である白癬菌に感染することによって発生する皮膚の病気です。

 

日本での水虫の歴史は浅く約60年ほど前からだと言われています。
下駄や草履を履いていた頃には水虫で悩まされることはありませんでしたが、この頃、靴が普及し始めたことにより水虫が発生しやすい原因を作ったようです。

 

劣悪な環境下で何日も靴を履き続けて水虫にかかった兵隊さんが戦地から帰還したことも水虫が広がった原因だと言われています。

 

水虫は白癬菌が原因で起こるものですが、ただ白癬菌に触れただけで発症するわけではありません。

 

水虫が発症するには、原因となる白癬菌がたくさん皮膚に付着していて、それが長い時間付着したままで、さらに菌の増殖に適した高温多湿の状態に保たれていることが必要な条件となります。

 

白癬菌のついた足で、蒸れやすい革靴を長時間履き続けるというのは水虫を起こす原因となります。

 

このことからも、世のお父さん達の中にたくさん水虫に悩まされている人がいるということも想像できます。

 

水虫の原因菌である白癬菌は、とても生命力の強い菌だと言われているため、治まったと思っても再発を繰り返したり、他の場所にうつったり、大切な家族にまでうつしてしまうということもあるので、きちんとした治療を受けることが大切です。