水虫の治療

水虫にかかってしまったら、まず皮膚科での正確な診断を受けることが必要です。

 

水虫だと思っていても、中には水虫と似た症状を起こしているだけの偽の水虫もあるからです。

 

水虫かどうかの判断は、かゆみのある部分の角質を少し削り取り、角質細胞を分解する溶液につけておくと白癬菌だけが残るので、顕微鏡で見て簡単に判断することができます。

 

検査により水虫であることが分かれば、外用薬や内服薬を使っての治療が開始されます。

 

水虫の治療は、主に水虫に効く塗り薬による治療が行なわれます。
水虫の治療に使われる外用薬は、軟膏やクリーム、薬液などがあり症状や体質などに合わせて処方されます

 

水虫の中でも、爪水虫など外用薬が浸透しにくいタイプの水虫の場合には、内服薬も併用した治療が行なわれます。

 

以前は、水虫になってしまうともう治らないと言われていましたが、最近では新薬も開発されたため、正しい治療を行なうことで治癒することも可能になってきました。

 

水虫を完治するために必要なのはきちんとした治療と「根気」で、ましになったからと勝手に薬をやめてしまうとまた元に戻ってしまうということもあるので、医師の指導の下きちんと治療を続けることが大切でしょう。