水虫の症状

水虫に悩まされている人は多く、日本人の5人中1人は水虫を持っていると言われるほどに水虫はポピュラーな病気です。

 

水虫の症状といえば「かゆい」「皮がめくれる」「グジュグジュになる」というイメージがありますが、それ以外にもかゆみを伴わないものなどいろいろな症状の現れ方があります。

 

足の水虫でよくみられる症状には3つの型があります。
足の指の間や側面にできる趾間型水虫では、皮がむけてただれたり、赤くなったりします。

 

趾間型水虫の湿潤型の場合はグジュグジュになり強いかゆみを伴うことがあり、乾燥型ではかさかさになり皮がむけます。

 

角質増殖型の水虫では足の裏の角質が厚く、硬くなりひび割れて白く粉を吹いたようになり、足の裏の表面がざらざらになります。

 

土踏まずの辺りの足の裏に小さな水泡を作るタイプの水虫を小水疱型といい、初期の段階ではかゆみはありませんが、水虫の症状が進行していくとかゆみがでてきます。

 

小水疱型の水虫は水疱がつぶれて汁が出ることがありますが、その汁によって水虫が広がるということはありません。

 

これ以外に爪にできる水虫では、かゆみはあまり起こりませんが爪が白濁したり、厚くなったりします。爪水虫の症状がひどくなると爪がボロボロになるなどもろくなってしまいます。