水虫を予防する

水虫を起こす原因となる白癬菌は高温多湿の場所を好み、湿度の高い場所では長く生存することができる強い菌だといわれています。

 

しかし、水虫を起こす白癬菌が足などに付着したからといってすぐに水虫を発症するわけではないため予防することが可能です。

 

水虫の菌が肌についてから定着するまでには1〜2日かかるため、毎日きちんとお風呂に入るなどこまめに洗い、清潔にしておけば水虫はそんなに簡単にかかるものではありません。

 

水虫にかからないためにできることとして、靴を履いて蒸れやすい足は毎日、指の間まで丁寧にしっかりと洗いましょう。

 

また、水虫にならないためにはできるだけ足は空気に触れさせて乾燥させておくほうがいいため、蒸れやすい夏の時期には靴やパンプスよりも素足で履けるサンダルなどを履くほうがいいでしょう。

 

さらには、家で使っているお風呂場のバスマットなどは湿気て水虫の菌が増殖しやすい場所なので、こまめに洗い、よく乾燥させておきましょう。

 

これらのことを実践しておくだけで、かなり水虫にかかってしまうリスクを軽減することができます。

 

一度かかってしまうと、水虫は治りにくいものなので自分で簡単にできる予防法で足の健康を守りましょう。